バッティング技術の向上やパワーアップに役立つパワースラッガー&シュプリームスウィング!さらに、投球練習器具フィンガーエースが新登場!新しい発想から生まれたテニストレーニング器具・パワーストロークも大好評発売中!内田のトレーニング器具でライバルに差を付けよう!

トレーニング器具

有限会社 
内田販売システム

〒028-2104
岩手県宮古市刈屋4-1-1
TEL 0193-73-2840
FAX 0193-73-2570

野球、サッカー、バレー、ゴルフなど、あらゆるスポーツのバランス強化に!

股関節・体幹部強化ボード
レッグコアー900

【特徴】
・普段使われない筋肉を鍛え、バランスをつくる
・足を乗せる部分はアーチ型で、角度の違う2種類の傾斜が付いています。この傾斜は左右対称になっており、立つだけで股関節が締まる設計。さらに、身体の中心に重心がくるため、体の軸が安定し、力まずに股関節、体幹部でバランスを取るトレーニングができます。
【効果】
・バランス強化/軸足の強化/身体の軸の安定/体幹部の強化/下半身の筋力強化/身体の開きを矯正/ストレッチの効果/フォームの安定

new

型 番 全長 高さ 参考対象 本体価格
LC-900 OR 900mm 63mm オレンジ 9,000円(+税)
LC-900 BK 900mm 63mm ブラック 9,000円(+税)

※日本製
※カラーやゴムの形状は予告なしに変更する場合があります。

使い方

Step1何も持たずにウォーミングアップ・ストレッチ。

8度の傾斜部または3度の傾斜部に指先を乗せ、かかとを上下に運動させる。
足首、アキレス腱、ふくらはぎのストレッチ

  • 【8度の傾斜部】
  • 【3度の傾斜部】

8度の傾斜部または3度の傾斜部に乗り、片方の手で腕を支え、もう一方の手でスイングをするように捻る。(左右行う)

【8度の傾斜部】
身体の軸の捻転強化
ドアスイングの防止

【3度の傾斜部】
下半身の捻転強化とバランスの向上
肩関節のストレッチ

3度の傾斜部に乗り、腰を落として方を入れ、上半身、下半身をストレッチ&筋トレ。相撲の四股のように片方ずつ足を上げて踏むとなお効果的。

バランス向上
下半身の筋力強化
股関節のストレッチ

Step2 野球トレーニング かかとを乗せて実際にスイングします。※ロスなくボールに力を伝えるフォームをつくる。

【右打ちの場合】
(1)軸足のかかとを8度の傾斜部a-1に乗せてスイングする。(軸足と反対側の足は乗せない)
(2)軸足と反対側の足のかかとを8度の傾斜部a-2に乗せてスイングする。(軸足は乗せない)
(3)両足のかかとを3度の傾斜部bに乗せてスイングをする。
フォームの安定 スイングに必要な身体の軸の強化

トレーニングのポイント

(1)→(2)→(3)の順に行う。(1)と(2)は角度の立った傾斜部aを使い(1)で軸足にウェートが乗っているか、(2)で身体が開いていないかを確認する。(3)は股関節を締め身体の軸を安定させて下半身の回転でスイングを行う。

Step3 野球トレーニング 両足の土踏まずを乗せてバランスをとりながらスイングします

上体をリラックスさせて両足の土踏まずを乗せる。軸足にウェートを乗せ、股関節、体幹部でバランスをとりながら押し出すようにスイングを行う。
崩された時でも対応できる下半身をつくる

トレーニングのポイント

レッグコア―の上で10回スイング、その後平地で20回スイング。これを繰り返すことで、崩されても耐えられるフォームを体得することができます。

トレーニングのバリエーション

(1)ピッチャーのトレーニングに
軸足を8度の傾斜部に乗せ、軸足の強化。バランスの強化。
(2)ゴルフのトレーニングに
8度の傾斜部に乗り、ゆっくりスイング。バランスの強化、軌道の安定。
(3)ソフトボールのトレーニング
両足で3度の傾斜部に乗りスイング。バランスの強化、身体の開きを矯正。
※その他、テニスやサッカーなどのバランス強化、体幹部の強化トレーニングに。

【使用上の注意】スパイクを履いて使用しないでください。
※本体は木でできていますので材料の特性上多少の反りや曲がりが生じる場合があります。ご了承ください。


トレーニング器具一覧へ戻る